最新の極道情報をリアルタイムで紹介!!時には裏情報もあるかも…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長崎市長射殺事件、容疑者所属の暴力団が解散

 長崎市長射殺事件で、逮捕された城尾哲弥容疑者(59)が使用したのは、極めて殺傷能力が高いとされる米国スミス・アンド・ウエッソン社製38口径回転式拳銃だったことが18日、県警捜査本部の調べで分かった。

 また、城尾容疑者が所属する指定暴力団山口組系水心会(長崎市)は同日、県警に解散届を出した。同会の水田元久会長(64)が県警本部を訪れ、「会員(城尾容疑者)の責任を取り、解散するとともに引退する」との文書を提出したという。

 捜査本部によると、水心会は準構成員も含め数十人。1989年には城尾容疑者や組幹部ら3人が、当時の本島等・長崎市長から金を脅し取ろうとして恐喝未遂容疑で逮捕。98‐99年には、市内の別の山口組系組織と発砲事件を起こした。

水心会(すいしんかい)は、長崎県長崎市 風頭町(以前は愛宕4丁目)に本拠を置く日本の暴力団で、指定暴力団・六代目山口組の直系(2次)団体。

組織の元は独立系組織の松本組(松本敏久組長)だったが、山本健一(初代山健組組長、本家三代目の田岡時代当時の若頭)の盃を受けて昭和48年に山口組入りし、平成元年に五代目渡辺体制のときに直参昇格を果たす。平成6年末に本家から破門・解散したが、翌平成7年、松本組の舎弟頭だった水田元久(山口組直参101人衆の1人)がその地盤を引き継いだ。その後、長崎県内で唯一の直参に昇格し、県内で随一の武闘派として知られていた。



極道速報!24時!をメールで購読したい方は↓


極道速報!24時のご購読は

メールアドレスを入力してボタンを押してください。




最新号はこちらです。

無料メールマガジン発行サービス『メルマガ天国』を

利用して配信しています。


メールアドレスを入力して解除してください。




ヤクザの名刺画像がアップされています!
http://gokudou24.web.fc2.com/

スポンサーサイト

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。