最新の極道情報をリアルタイムで紹介!!時には裏情報もあるかも…

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新・東京戦争の結末

東西の巨大組織、住吉会と山口組の間で起きた一連の事件。
 先日、和解が成立したと思ったら、山口組国粋会の工藤会長が自殺した。

 いったいどんないきさつがあったのか!?

 業界のうわさでは、手打ちの条件に、シマの現状維持。つまり、国粋会のシマをこれまで通り小林会に貸すということ。そしてもうひとつ、国粋会工藤会長の引退だったとか…?

 射殺された、小林会杉浦良一幹部の組葬は住吉会本部で執り行われ、住吉会、稲川会、山口組、極東会、松葉会の大物が多数参列した。
 その中には国粋会の幹部もいたが、工藤会長の姿はない。
 工藤会長はかなり疲れた様子を見せ、自殺の前日も若い衆を部屋に入れなかったという。状況からみても、かなり追い詰められていたのだろう…。

 国粋会の跡目は誰が継ぐのか?

 いや、親分の49日も終わっていないのに、跡目の話はできない。

 追って報告する。

工藤会長は極道の中でもかなり波乱万丈な人生を送った人ですね。
 ご冥福をお祈りします。

極道速報!24時!を購読したい方は↓


極道速報!24時のご購読は

メールアドレスを入力してボタンを押してください。




最新号はこちらです。

無料メールマガジン発行サービス『メルマガ天国』を

利用して配信しています。


メールアドレスを入力して解除してください。



スポンサーサイト

コメントの投稿


管理者への秘密のコメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。